為替取引で副収入!

FX取引で副収入を狙っています。

カテゴリ: FXの自動売買取引

2月16日月曜日。
先週の豪ドル円は91円に触れましたが、
無事92円に戻していました。
豪州政策金利発表で利下げを発表したとき、
勢いよく90円割れになってしまい、この先
どうなるんだろうと思っていたら
89円を境に踏みとどまっていました。

下げたとしてもアベノミクスの影響で円安でしょうから、
90円割れというのはちょっと行き過ぎという事みたいです。
80円割ったとしたら、リーマンショックの再来かもと思って、
損切りしました。

FX相場を見ていてちょっとなって思うのがストップ狩りです。
多くのポジションを損切りさせてからやばいと思わせて
戻していくような動きが良くあります。方向性のない相場ほど
そのような動きになりやすいと、今までの経験から思っています。

今日の相場で一番見ていた通貨が豪ドル円で、
1分足を見ると細かく上下に髭を出していました。
売り買いが拮抗しているレンジ相場状態になっている場面がありました。
この相場は、今後の動きには気を付けるべきでしょうか。

長期狙いだろうと短期狙いだろうと、おそらくチャートは
少なからず参考にしていくことでしょう。
確実な利益を上げるために、チャートから市場の流れを読むと
いうことは癖としてつけておきたいところです。

チャートをなんとなく見ているだけでも上がっているのか
下がっているのかはわかります。
それをわかりやすく表現しているのが移動平均線です。
難しく考えるとわかりにくくなってしまうのですが、
単純に今どちらの方向に全体が向いているかを捉えるには、
この移動平均線が有効です。

短期狙いですと、ついつい1分足、5分足のチャートしか
見なくなってしまうこともあります。
しかし、時には60分足、2時間足のチャートを見ることを
心がけましょう。
市場全体が上がっているのか、下がっているのか、
それをわかった上で短期狙いでも買い中心、売り中心で
攻めわけることができれば、万が一その瞬間の読みを外しても、
市場全体がその方向に向かっていれば損切りせず
挽回できる可能性もあるのです。

よりマクロな視点、ミクロな視点を常に心がけたいですね。

皆さんはFXトレードというのをどれくらいご存じでしょうか。
これは通貨を直接売買することで、その差額を利益として
収入にするという取引です。
ですから、通貨が安い時に買っておいて高くなってから
売るというのが基本です。

ただ、通貨を持っていなくても、高いときに売っておいて、
安くなってから買うという空売りも可能です。
また、チャートとにらめっこしていなくても、パソコンにソフトウェアを
インストールし、売買のタイミングを設定しておけば、
あとはパソコンが自動的に売買をしてくれるという
方法もあります。

ただし、いつも必ず利益が出るように売買をしてくれるのでは
ありません。あくまでトータルで利益が出るように、
ある銘柄に関しては、損失が確定することを覚悟の上で
売却することもあります。これを損切りといいます。

要するに、上手に損切りしながら、ほかで確実に
利益を出していくのです。こうして自動売買を行うことによって、
サラリーマンや主婦の多くが副業としてFXトレードに
取り組んでいるようです。

皆さんはFXトレードというのをどれくらいご存じでしょうか。 これは通貨を直接売買することで、その差額を利益として 収入にするという取引です。 ですから、通貨が安い時に買っておいて高くなってから売るというのが基本です。 ただ、通貨を持っていなくても、高いときに売っておいて、 安くなってから買うという空売りも可能です。 また、チャートとにらめっこしていなくても、パソコンにソフトウェアを インストールし、売買のタイミングを設定しておけば、あとはパソコンが 自動的に売買をしてくれるという方法もあります。 ただし、いつも必ず利益が出るように売買をしてくれるのではありません。 あくまでトータルで利益が出るように、ある銘柄に関しては、 損失が確定することを覚悟の上で売却することもあります。 これを損切りといいます。 要するに、上手に損切りしながら、ほかで確実に利益を出していくのです。 こうして自動売買を行うことによって、サラリーマンや主婦の多くが 副業としてFXトレードに取り組んでいるようです。

会社勤めをしているがその収入だけでは不安なので、
副業としてFXをやりたいという人は多いのではないでしょうか。
わたしもそのうちのひとりでした。

ですが、やろうと思ってもなかなか簡単には儲けが
でてきませんし、そもそも最初の一歩が大変ですよね。
想像するのと体験するのとでは大きく隔たりがありますから、
実際に自分の本物の金をかけてFXをやるところまで
行くのが大変だったりするんです。

やり始めたらはじめたで値動きが気になって、仕事中は
しょっちゅうスマートフォンか何かで確認することになったり
します。それも最初のうちだけですぐに馴れてしまうと
思いますが、とにかく最初は凄く気をつかいますよね。

わたしは気が弱く、売買をすぐに躊躇ってしまうので
システムトレードをやっています。システムトレードであれば
機械に教え込んだロジックによってパソコンが勝手に売買を
繰り返してくれますので躊躇いがありません。

わたしのようなタイプの方はシステムトレードのほうが
いいのかもしれませんね。

↑このページのトップヘ