FXで失敗する人に多いのが、最初から全力でポジションを
とるという行動です。

FXの最大のメリットはレバレッジであり、少ない資金をもとに
大きな利益を生み出せるということです。

しかし、それは最初から高いレバレッジをかけてポジションを
とってしまうということではありません。

為替は株式よりも変動が大きく、簡単に潮目が変わる
性質を持っています。少し目を離していた間にトレンドが
転換するなどということは、日常茶飯事です。

だからこそ、ポジションをとるときは慎重に慎重を重ねた
検討が必要であり、いきなり全力などというのは
自殺行為でしかないと思います。

よって、最初は様子見のつもりで何枚かのポジションをとり、
状況によってその枚数を増減させていくのを基本としたほうが
いいと思います。

むしろレバレッジは、そのときに自由に枚数を調整するための
手段として用いるべきなのだと思っています。

通常時は低レバレッジで現物に近い取引を行い、ここぞというときに
高レバレッジで枚数を積み増すという方法を覚えれば、
リスクを大幅に軽減しながら利益を上げやすくなるのではないでしょうか。