MetaTrader4はボリンジャーバンド、一目均衡表、MACD、
移動平均線、RSI、ストキャスティクスなど、あらかじめ
メジャーなテクニカル指標(インジケーター)が
インストールされています。

移動平均線の場合はMoving Averageというように
英語表記なので最初は戸惑うかと思いますが、
一度チャートに表示すればすぐに慣れるでしょう。

移動平均線やボリンジャーバンドなど、
トレンド系のテクニカル指標はチャート上に表示されます。

RSI、ストキャスティクス、MACDなどオシレータ系の
テクニカル指標はサブウィンドウに表示され
大きさは調整が可能です。

このように、トレンド系とオシレーター系のテクニカル指標を
組み合わせて使用することが可能です。
テクニカル指標のパラメーターも好みで変えられるので、
大変便利だと思います。

しかも、プログラミングが出来ればオリジナルのテクニカル指標を
自作することも可能です。

プログラミングが出来ない方でも、ネット上でほかのFXトレーダーが
作ったいろいろなテクニカル指標が配布されているようです。